妊娠の確率を上げるためにするべきこと【妊活まとめ】

妊娠 確率を上げる

 

妊娠の確率を上げるためにするべきこと

 

元気に満ちた25〜30代半ばまでの男女が、排卵日通りに性交をしても、子供を授かる可能性は20〜30%前後とのことです。
30代半ばを過ぎた頃だと15〜18%前後、40代に差しかかったら1〜5%前後と段階的に自然妊娠の可能性は少なくなって行きます。

 

赤ちゃんが欲しいと言っても、即座に子供を授かる訳ではない様子です。

 

そういった背景から「妊活」で少しでも妊娠する可能性を高めるカラダをつくることが必須になるのです。

 

@基礎体温を測る

基礎体温 測る

 

妊活の第一歩は基礎体温をつけることです。

 

基礎体温をつけることで、自分カラダがどの様な調子かを把握することが出来ます。

 

  1. 月経周期
  2. 排卵日
  3. 体調

 

この3つをしっかり把握して、排卵日の前後に、性交をすることで受精、着床しやすくなります。

 

「妊活」には「排卵日」の判別が大切になってきます。

 

もし、基礎体温がバラバラだったり、低温期や高温期が区分されていない際には、健康問題など、なにかの要因があるはずです。

 

基礎体温がバラバラな要因を突き止めて、きちっと解決しなければなりません。

 

A運動習慣をつける

 

運動をすることで、カラダだの血行をよくします。

 

また、運動で筋肉が強化されると、ホルモンバランスが異常をきたしにくくなります。

 

ホルモンバランスが崩れると、生理周期や排卵が狂う引き金になるので、程よい運動は妊活に大切です。

 

また、お産にも相応の筋肉はなくては困ります。

 

運動習慣がなく出産を目論むのであれば、軽度な運動からスタートすれば良いと思います。

 

長く続けやすいストレッチ体操やウォーキング、ヨガなどを推奨します。

 

体を温める

 

冷えは子宮や卵巣の機能が衰える原因になります。

 

運動を習慣にして冷えない体を手に入れましょう。

 

体重管理

 

太りすぎても、痩せすぎても、妊活によい影響はありません。

 

こちらも運動で健康的な体重を目指しましょう。

 

B睡眠が卵巣の働きに効果的

 

不十分な睡眠は活性酸素を増やし、ホルモンバランスを不調にし、カラダの活動の調節に支障を来たすことで、不妊がもたらされる原因となることが考えられます。

 

不眠からくる活性酸素から卵子や精子が刺激に晒されて、衰弱することも考えられます。

 

また、睡眠をしっかりとると出る成長ホルモンは細胞を育成させたり、回復する役目を果します。

 

成長ホルモンがうまく分泌されないと、ダメージを受けたり若々しさがなくなった卵子や精子を回復する作用が弱まり、不妊に直結することも想定されます。

 

規則正しい睡眠

 

一定の時間に眠りに就くことで、ホルモンや自律神経のバランスが良くなり、ストレスを解消することも出きます。

 

ホルモンバランスが改善されることで、それが理由で卵巣の能力を増強出来るのです。

 

Cストレスをためない習慣

 

ストレスを感じると、脳にある視床下部が反応します。視床下部は、生殖ホルモンの分泌に影響を及ぼす重要な部位です。

 

視床下部はストレスの対処を重要視してしまうため、生殖ホルモンの分泌を保留してしまい、排卵トラブルや月経不順などに見舞われてしまう流れです。

 

妊娠の確率を上げるためにはストレスを出来る限り発散させて、ストレスを溜め込まなないことが大事です。

 

自分の好きな時間をしっかりとって、自分にあったやり方によりストレスを解消しましょう。

 

Dサプリメント(葉酸等)を摂る

 

バランスのよい食事に努めても、摂りにくい栄養素もあります。

 

特に食事では摂りにくい葉酸は、受精卵が着床するのを手助けし、着床後の成育に必須の栄養素です。

 

妊娠前から出産までお世話になる栄養素が葉酸です。そのような時はサプリメントに力を借りるのも一つの選択肢です。

 

女性にとっては、子宮内膜を強くし、男性にとっても精子のDNAの創造に大切な役割があります。

 

カップルで摂り入れることも推奨されている栄養素です。

 

E妊活用潤滑ゼリー

 

30代を過ぎると、女性の膣内環境は年々妊娠しにくいものとなっていきます。

 

精子を万全な状態で受け入れることのできるようにする妊活用潤滑ゼリーも、妊娠の確率を上げることに非常に役立ちます。

 

一番ダイレクトに確率に響いてくるものですから、是非取り入れてほしいと思います。

 

 

>>エッグサポート(妊活用潤滑ゼリー)の効果と口コミ・評判まとめました TOP