エッグサポートの安全性は?副作用などの危険性はある?

エッグサポート 副作用

エッグサポートに含まれる成分の安全性・副作用は?

 

ここではエッグサポートの安全性、成分には副作用があるのか?危険性はないのか?のついて紹介していきたいと思います。

 

エッグサポートの成分を一つ一つ調べてみました。

 

エッグサポートの成分@プロパンジオール

 

エッグサポートのプロパンジオールは保湿剤として使われています。

 

化粧品によく使われるプロパンジオールは刺激も少なく、アレルギー性も低いそうです。

 

副作用なしとみて良さそうです。

 

エッグサポートの成分Aヒアルロン酸Na

 

ヒアルロン酸Naは皮膚コンディショニング剤として配合されています。

 

こちらもよく化粧品で使われますね。

 

美容整形外科などで、注射する場合などに質の悪いものだとアレルギー反応が稀にあるらしいのですが、気にするほどではないようです。

 

エッグサポートの成分Bサクシノイルアテロコラーゲン

 

サクシノイルアテロコラーゲンも皮膚コンディショニング剤として配合されています。

 

このコラーゲンは普通のコラーゲンより保湿性が良いことでしられていますが、こちらも副作用はないようです。

 

経口摂取で、過剰に摂ると肝臓の機能が低下したり、ニキビが出来たり、セルライトが出来たりするようですが、エッグサポートの使用方法だと問題ないでしょう。

 

エッグサポートの成分Cカルボマー

 

カルボマーは増粘剤として使われています。合成ポリマーの一つ、カルボマーは安全性が高く、ばい菌による汚染がされにくいこともあり、現在もっとも多く採用されている増粘剤です。

 

特に副作用や危険性も確認されていません。

 

エッグサポートの成分Dポリアクリル酸Na

 

ポリアクリル酸Naもエッグサポートの増粘剤として使われています。

 

ポリアクリル酸Naの経口での半致死量が体重1kgあたり10gであり、食品添加物としても使われていることから、かなり毒性・危険性は低いと思われます。

 

エッグサポートの成分E水酸化K(カリウム)

 

エッグサポートの重要な役割を担う成分の一つ、水酸化K(カリウム)はpH調整剤として配合されています。

 

水酸化K(カリウム)は化粧品や石けんの原料としてもよく使われており、極めて安全性が高く、毒性、副作用などの危険もありません。

 

エッグサポートの成分F安息香酸Na

 

安息香酸Naはカビや細菌繁殖を防ぐ防腐剤として含まれています。

 

安息香酸Naは経口で過剰摂取すると中毒症状を起こすことが知られています。

 

しかし、口にするものにも添加されるような成分なので、エッグサポートのような使い方ならなおさら安全とみて良いと思います。防腐剤としてのメリットの方が大きいでしょう。

 

エッグサポートの成分Gフェノキシエタノール

 

フェノキシエタノールもエッグサポートの防腐剤として使用されています。

 

低用量でしっかり防腐・殺菌効果が期待できる成分ということで化粧品などにも良く使われます。

 

こちらも過剰な量でなければ、副作用などの危険性はないとみて良いでしょう。

 

エッグサポート安全性・副作用まとめ

エッグサポート 安全性

 

以上、エッグサポートの成分を順番に見て、副作用や毒性を調べました。

 

いずれの成分も問題や危険性のあるものでなく、安全性の高いものだということがわかりました!

 

さらにこれらの成分は高品質かつ国産で、日本国内の工場で製造されているようなのでますます安心だと感じました。

 

 

>>エッグサポート(妊活用潤滑ゼリー)の効果と口コミ・評判まとめました TOP